teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. ブランド激安市場 bag53(0)
  2. 返信ありがとう(0)
  3. 全力全開(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


近代の歌語「おほちち」と「おほはは」の来歴を問う

 投稿者:吉岡生夫  投稿日:2019年 2月18日(月)11時50分44秒
  「短歌人」平成32年2月号より転載

   一、はじめに

 安田純生は『現代短歌のことば』(邑書林)の中で「おほちち・おほはは」について「おほちち」は「『言海』などに記された語源説がもとになって出来たことばであろう。『おほちち』というと、〈偉大な父〉である祖父といった感じがあるが、この語が歌壇で普及したのは、ひびきの美しさとともに、いかにも祖父らしい威厳が感じとれるからだろうか」と書く。また「『おほちち』『おほはは』が短歌で使われ始めたのは、大正年間であろうか。『おほはは』のほうが『おほちち』よりも、ひと足さきに使われ始めたようである」とも総括する。「おほちち」「おほはは」という疑古典語の発生と普及について明らかにしているのであるが、私の疑問は、なぜ大正時代なのかという点にあった。結論から先に言えば天皇の治世すなわち明治・大正・昭和(戦前)の御代(みよ)を背景とする歌語を、国民主権・象徴天皇の現代において使用する意味とは何か。このことを問題にしたいのである。

   二、天盃

 岡井隆の「『あらたま』の『祖母』における事実と虚構」(『鴎外・茂吉・杢太郎||テエベス百門』)には有益な二つの情報がある。一つは大正四年の「13 冬の山『祖母』其の一」「14 こがらし『祖母』其の二」「15 道の霜『祖母』其の三」の連作が「おほはは」の初出だとする土屋文明の発言である。今一つは結城哀草果の随筆「斎藤茂吉先生の初印象」(『村里生活記』)からの引用の部分である。すなわち茂吉の祖母(実は父の姉)ひで女は大正四年十一月十三日に八十一歳で死去、十五日が葬儀なのであるが哀草果は「長寿を全うした女の年(とし)寄(より)が、大正天皇からの天盃を戴いてから、間もなくよろこびながら大往生をした」というのである。

 いのちをはりて眼(まなこ)をとぢし祖母(おほはは)の足にかすかなる皸(ひび)のさび しさ
 命たえし祖母(おほば)のかうべ剃りたまふ父を囲みしうからの目の なみだ

 このあと「おほはは」が六首出てくる。最初に擬古典語「おほはは」を登場させ、次に和語「おほば」を出したのは同義であることを知らしめるためだろう。この前にあるのが「12 折々の歌」八首である。最後の二首を引く。

 みちのくのわぎへの里にうからやから新米(にひごめ)たきて尊(たふと)みて  食(f)む 奉祝歌二首
 いやしかるみ民(たみ)の我も髯そりてけふの生日(いくひ)をあふがざらめ や  八月ー十一月作

 一首目が八月の作、大正天皇の誕生日は八月三十一日なのだ。二首目が十一月の作、「み民」(御民)は天皇のものである人民、「生日(いくひ)」は吉日、十一月十日の御大典をいう。

 遠どよむ万歳のこゑここにみる提灯の灯はかぎりを知らず                 小田観螢『隠り沼』
 国つ民我はも酔はむ大御世の今日の御典(のり)にあへらく嬉しみ                   斎藤瀏『曠野』

 前者は「いはひ日」五首の一首、場所は北海道。別の歌に初二句「あきつ神生(あ)れましし日」とある。後者は「御大典」(即位式)四首の一首、いずれも昂揚した一連である。
 神奈川県立図書館がインターネットで公開している公文書館資料に「鎌倉郡役所」がある。その中の「大正4年御大礼に関する書類」を見ると「1 天盃並びに酒肴料拝受高令者名簿 高令者取調の件」、とんで「4 高令者名簿送付の件」があり、この起案日は九月二十九日である。各町村が高齢者名簿の作成に取り掛かるのは、当然ながら、これより早い。茂吉が八月の奉祝歌を詠んだとき、祖母は山形県南村山郡金瓶村の天盃拝受高齢者であったろう。伝達式への出席は無理でも「よろこびながら大往生をした」のだ。こうなると「おほば」は「おほば」であって「おほば」ではない。その死を荘厳するのが擬古典語の「おほはは」であったろう。

   三、忠孝一致、敬神崇祖

 天盃を下賜される側の事情は想像もできるが、下賜する側の事情はどうなのか。予備知識として「神国思想」を『日本大百科全書(ニッポニカ)』で引いておく、一部だが「神国思想は民俗としての祖先崇拝と結び付き、明治以後の敬神崇祖、忠孝一致という家制国家を支える道徳思想として生き続ける。」とある。このことを踏まえて松田隆行の「大正天皇の『御大典』と地域社会ー天皇の即位儀礼と国民統合ー」(「花園史学」第三十二号)を読むと「はじめに」で「『大礼(大典)』と国民との関係については、天皇の代替り儀式の持つ『国民統合機能』を明らかにするという視点から、昭和天皇の『大礼(大典)』を中心に研究がなされてきた。昭和天皇の『大礼(大典)』についての研究においては、天皇の代替りの諸儀式が国民を国家なり天皇なりに統合する力は、日清戦争や日露戦争などの『対外戦争』に匹敵するほど強力であり、その意味で、『大礼(大典)』は『対外戦争』に匹敵するほどの大きな役割を『国民統合』の上で果たしたことが指摘されている。」とあり、「おわりに」では「大正天皇の『御大典』は、近代天皇制国家における国民統合の過程において、昭和天皇の『御大典』と同様に、一つの大きな画期をなすものであるといえるであろう。」と結論している。
 いよいよ天盃であるが「『御大典』に際しては、全国各地の八〇歳以上の高齢者に盃(天盃)と金一封(酒肴料)が天皇から『下賜』された。このことは、高齢者を敬い大切にするという形をとって、天皇自らが模範となって、『忠孝』の『孝』を行動で示すという重要な意味を持っていた。そのため、『天盃』と『酒肴料』の『下賜』は大々的に宣伝されて、その伝達式が役場などで行われたのである。」が、それだけではない。「敬神崇祖」という視点から「なぜ、他の形ではなく、高齢者を敬い大切にするという形をとった」のかというのであるが、それは「八〇歳以上の高齢者は、子から見れば『父母』であり、また、高齢ゆえに遠からず死去して『祖先』となる存在である。それゆえ、彼らに『天盃』と『酒肴料』を『下賜』して高齢者を敬い大切にするということは、『子の父母・祖先に対する敬愛の情』を天皇自らが模範となって行動で示すことに他ならない。こうして示された『子の父母・祖先に対する敬愛の情』は、『祖先崇拝』へ、さらに『敬神崇祖』の精神へとつながっていく。そして、『敬神崇祖』の精神は、『万世一系』の天皇への崇敬へ、さらに、『忠孝』の精神の成立へとつながることは、先に見た通りである。八〇歳以上の高齢者に『天盃』と『酒肴料』を『下賜』することの狙いは、まさにこの点にあったのである。」というのである。
 「おほぢ」「おほば」が尊厳を増して「おほちち」「おほはは」となるには、もう一つの素地も考えられよう。たとえば大正四年に八十歳なら明治初年は三十二歳、この世代の占めるポジションといってもよい。すなわち安政の五カ国条約という不平等条約を改正し、日清・日露の戦争に勝利し、西洋の列強と伍するまでになった明治の日本、その第一世代に対する第三世代の熱い眼差しのようにも思われるのだ。

   四、「おほちち」「おほはは」の歌

 茂吉の「おほはは」に近い年代を探してみた。初めは「アララギ」から広がっていったのだう。

 かへり住む我が家はひろしはや架けし炬燵によれば祖母(おほはは)思(も) ほゆ       中村憲吉『しがらみ』大正十三年刊
 答へせぬ吾にもの言ひその末を独語(ひとりご)ちつつ祖母(おほはは)は寝る
          土屋文明『ふゆくさ』大正十四年刊
 祖母(おほはは)が子守をしつつ摘みしといふ桵(たら)の木(こ)の芽を食へばうま しも         結城哀草果『山麓』昭和四年刊

 中村憲吉の作は「帰住一 大正五年秋東京より帰る」の一首である。土屋文明の作は大正七年「?苔の芽」の一首である。結城哀草果の作は大正七年「桵の芽」の一首である。

 祖父(おほちち)にはじめて逢ひて甘えゐるわが児の声のここにきこゆ る       古泉千樫『川のほとり』大正十四年刊
 葬火(はふりび)のしづまりゆきし夜のほどろ骨となりしかわが祖父(おほちち)は
            結城哀草果『山麓』昭和四年刊
 祖父(おほちち)も父も生(あ)れたるふるさとの薩摩に往にて世を経むかわ れ           吉井勇『人間経』昭和九年刊

 次に「おほちち」だが、その普及は「おほはは」よりも早く広かったと思われる。一首目、古泉千樫の作は大正六年から九年の作品を集めた「青牛集」の最初に出てくる「児を伴いて」の一首である。結城哀草果の作は大正七年「待春」の一首である。吉井勇の作は「おなじく相模野の庵にありて詠みける歌」だから昭和五年から七年の一首であろう。

   五、変容と現代

 高田畊安(たかたこうあん)(医師。八木重吉が入院したサナトリウム「南湖院」院長)が昭和十三年に著した『平和主神武天皇(へいわのつかさじんむてんのう)』(国立国会図書館デジタルコレクション)の「附録」に「あめのおほちち」という六連の詩がある。その最後を引用する。

 まごころ(誠意)いのり(祈願) たてまつる
 しんむ(神武)とイエス(医蘇)の いやさか(弥栄)を
 すべて(一切)をとは(永遠)に しろし(統治)めす
 あめ(天)のおほちち(祖) ぬし(主)のかみ(神)

 天盃から忠孝一致、敬神崇祖と辿ってきた目には、さほど驚くこともないだろう。しかし昭和二十一年一月一日、大日本帝国憲法下において天皇人間宣言、二十一年十一月三日日本国憲法公布、翌二十二年五月三日に施行、その新憲法下においても「おほちち」「おほはは」が生きている。

 不可思議のちからとせよ祖母(おほはは)がなんぢのかうべに置きたる 片手      葛原妙子『鷹の井戸』昭和五十二年刊
 祖父(おおちち)に極刑くだりし夜のことも祝われており侍従長の日記
          佐伯裕子『未完の手紙』平成四年刊
 おほちちとおほははの声乗せながらわが汽車走る信達平野
          本田一弘『あらがね』平成三十年刊

 一首目、「おほはは」は尊称だから一人称はおかしい。そこを逆手にとったところが面白いが三句は「魔法もて」にするなどの選択肢もあったろう。二首目、昭和二十三年十一月十二日は祖父の土肥原賢二が処刑された日であり、皇太子の誕生日である。ちなみに起訴の日は昭和天皇の誕生日、東京裁判とは何か、ここは矜持を忘れない「祖父(おおちち)」であったろう。三首目、この歌集には「おほちち」「おほはは」が二十四首に登場する。加えて〈おほきみとして磐梯の統べたまふ甘き山鳥真土をうなふ〉もあって些か理解に苦しむのである。
 最後は、行きがかりもあるので、私の「おおちち」の歌を上げておく。祖父や祖母ではない。題して「孫へ」。

 爺ちゃんは爺ちゃんであってそれ以外の何ぴとでもない、 まして祖父(おおちち)                ?岡生夫

http://www.pat.hi-ho.ne.jp/yoshioka-ikuo/5ku31onshishi-15/index.html

 
 

近代の歌語「おほちち」と「おほはは」の来歴を問う

 投稿者:吉岡生夫  投稿日:2019年 2月18日(月)11時50分18秒
  「短歌人」平成32年2月号より転載

   一、はじめに

 安田純生は『現代短歌のことば』(邑書林)の中で「おほちち・おほはは」について「おほちち」は「『言海』などに記された語源説がもとになって出来たことばであろう。『おほちち』というと、〈偉大な父〉である祖父といった感じがあるが、この語が歌壇で普及したのは、ひびきの美しさとともに、いかにも祖父らしい威厳が感じとれるからだろうか」と書く。また「『おほちち』『おほはは』が短歌で使われ始めたのは、大正年間であろうか。『おほはは』のほうが『おほちち』よりも、ひと足さきに使われ始めたようである」とも総括する。「おほちち」「おほはは」という疑古典語の発生と普及について明らかにしているのであるが、私の疑問は、なぜ大正時代なのかという点にあった。結論から先に言えば天皇の治世すなわち明治・大正・昭和(戦前)の御代(みよ)を背景とする歌語を、国民主権・象徴天皇の現代において使用する意味とは何か。このことを問題にしたいのである。

   二、天盃

 岡井隆の「『あらたま』の『祖母』における事実と虚構」(『鴎外・茂吉・杢太郎||テエベス百門』)には有益な二つの情報がある。一つは大正四年の「13 冬の山『祖母』其の一」「14 こがらし『祖母』其の二」「15 道の霜『祖母』其の三」の連作が「おほはは」の初出だとする土屋文明の発言である。今一つは結城哀草果の随筆「斎藤茂吉先生の初印象」(『村里生活記』)からの引用の部分である。すなわち茂吉の祖母(実は父の姉)ひで女は大正四年十一月十三日に八十一歳で死去、十五日が葬儀なのであるが哀草果は「長寿を全うした女の年(とし)寄(より)が、大正天皇からの天盃を戴いてから、間もなくよろこびながら大往生をした」というのである。

 いのちをはりて眼(まなこ)をとぢし祖母(おほはは)の足にかすかなる皸(ひび)のさび しさ
 命たえし祖母(おほば)のかうべ剃りたまふ父を囲みしうからの目の なみだ

 このあと「おほはは」が六首出てくる。最初に擬古典語「おほはは」を登場させ、次に和語「おほば」を出したのは同義であることを知らしめるためだろう。この前にあるのが「12 折々の歌」八首である。最後の二首を引く。

 みちのくのわぎへの里にうからやから新米(にひごめ)たきて尊(たふと)みて  食(f)む 奉祝歌二首
 いやしかるみ民(たみ)の我も髯そりてけふの生日(いくひ)をあふがざらめ や  八月ー十一月作

 一首目が八月の作、大正天皇の誕生日は八月三十一日なのだ。二首目が十一月の作、「み民」(御民)は天皇のものである人民、「生日(いくひ)」は吉日、十一月十日の御大典をいう。

 遠どよむ万歳のこゑここにみる提灯の灯はかぎりを知らず                 小田観螢『隠り沼』
 国つ民我はも酔はむ大御世の今日の御典(のり)にあへらく嬉しみ                   斎藤瀏『曠野』

 前者は「いはひ日」五首の一首、場所は北海道。別の歌に初二句「あきつ神生(あ)れましし日」とある。後者は「御大典」(即位式)四首の一首、いずれも昂揚した一連である。
 神奈川県立図書館がインターネットで公開している公文書館資料に「鎌倉郡役所」がある。その中の「大正4年御大礼に関する書類」を見ると「1 天盃並びに酒肴料拝受高令者名簿 高令者取調の件」、とんで「4 高令者名簿送付の件」があり、この起案日は九月二十九日である。各町村が高齢者名簿の作成に取り掛かるのは、当然ながら、これより早い。茂吉が八月の奉祝歌を詠んだとき、祖母は山形県南村山郡金瓶村の天盃拝受高齢者であったろう。伝達式への出席は無理でも「よろこびながら大往生をした」のだ。こうなると「おほば」は「おほば」であって「おほば」ではない。その死を荘厳するのが擬古典語の「おほはは」であったろう。

   三、忠孝一致、敬神崇祖

 天盃を下賜される側の事情は想像もできるが、下賜する側の事情はどうなのか。予備知識として「神国思想」を『日本大百科全書(ニッポニカ)』で引いておく、一部だが「神国思想は民俗としての祖先崇拝と結び付き、明治以後の敬神崇祖、忠孝一致という家制国家を支える道徳思想として生き続ける。」とある。このことを踏まえて松田隆行の「大正天皇の『御大典』と地域社会ー天皇の即位儀礼と国民統合ー」(「花園史学」第三十二号)を読むと「はじめに」で「『大礼(大典)』と国民との関係については、天皇の代替り儀式の持つ『国民統合機能』を明らかにするという視点から、昭和天皇の『大礼(大典)』を中心に研究がなされてきた。昭和天皇の『大礼(大典)』についての研究においては、天皇の代替りの諸儀式が国民を国家なり天皇なりに統合する力は、日清戦争や日露戦争などの『対外戦争』に匹敵するほど強力であり、その意味で、『大礼(大典)』は『対外戦争』に匹敵するほどの大きな役割を『国民統合』の上で果たしたことが指摘されている。」とあり、「おわりに」では「大正天皇の『御大典』は、近代天皇制国家における国民統合の過程において、昭和天皇の『御大典』と同様に、一つの大きな画期をなすものであるといえるであろう。」と結論している。
 いよいよ天盃であるが「『御大典』に際しては、全国各地の八〇歳以上の高齢者に盃(天盃)と金一封(酒肴料)が天皇から『下賜』された。このことは、高齢者を敬い大切にするという形をとって、天皇自らが模範となって、『忠孝』の『孝』を行動で示すという重要な意味を持っていた。そのため、『天盃』と『酒肴料』の『下賜』は大々的に宣伝されて、その伝達式が役場などで行われたのである。」が、それだけではない。「敬神崇祖」という視点から「なぜ、他の形ではなく、高齢者を敬い大切にするという形をとった」のかというのであるが、それは「八〇歳以上の高齢者は、子から見れば『父母』であり、また、高齢ゆえに遠からず死去して『祖先』となる存在である。それゆえ、彼らに『天盃』と『酒肴料』を『下賜』して高齢者を敬い大切にするということは、『子の父母・祖先に対する敬愛の情』を天皇自らが模範となって行動で示すことに他ならない。こうして示された『子の父母・祖先に対する敬愛の情』は、『祖先崇拝』へ、さらに『敬神崇祖』の精神へとつながっていく。そして、『敬神崇祖』の精神は、『万世一系』の天皇への崇敬へ、さらに、『忠孝』の精神の成立へとつながることは、先に見た通りである。八〇歳以上の高齢者に『天盃』と『酒肴料』を『下賜』することの狙いは、まさにこの点にあったのである。」というのである。
 「おほぢ」「おほば」が尊厳を増して「おほちち」「おほはは」となるには、もう一つの素地も考えられよう。たとえば大正四年に八十歳なら明治初年は三十二歳、この世代の占めるポジションといってもよい。すなわち安政の五カ国条約という不平等条約を改正し、日清・日露の戦争に勝利し、西洋の列強と伍するまでになった明治の日本、その第一世代に対する第三世代の熱い眼差しのようにも思われるのだ。

   四、「おほちち」「おほはは」の歌

 茂吉の「おほはは」に近い年代を探してみた。初めは「アララギ」から広がっていったのだう。

 かへり住む我が家はひろしはや架けし炬燵によれば祖母(おほはは)思(も) ほゆ       中村憲吉『しがらみ』大正十三年刊
 答へせぬ吾にもの言ひその末を独語(ひとりご)ちつつ祖母(おほはは)は寝る
          土屋文明『ふゆくさ』大正十四年刊
 祖母(おほはは)が子守をしつつ摘みしといふ桵(たら)の木(こ)の芽を食へばうま しも         結城哀草果『山麓』昭和四年刊

 中村憲吉の作は「帰住一 大正五年秋東京より帰る」の一首である。土屋文明の作は大正七年「?苔の芽」の一首である。結城哀草果の作は大正七年「桵の芽」の一首である。

 祖父(おほちち)にはじめて逢ひて甘えゐるわが児の声のここにきこゆ る       古泉千樫『川のほとり』大正十四年刊
 葬火(はふりび)のしづまりゆきし夜のほどろ骨となりしかわが祖父(おほちち)は
            結城哀草果『山麓』昭和四年刊
 祖父(おほちち)も父も生(あ)れたるふるさとの薩摩に往にて世を経むかわ れ           吉井勇『人間経』昭和九年刊

 次に「おほちち」だが、その普及は「おほはは」よりも早く広かったと思われる。一首目、古泉千樫の作は大正六年から九年の作品を集めた「青牛集」の最初に出てくる「児を伴いて」の一首である。結城哀草果の作は大正七年「待春」の一首である。吉井勇の作は「おなじく相模野の庵にありて詠みける歌」だから昭和五年から七年の一首であろう。

   五、変容と現代

 高田畊安(たかたこうあん)(医師。八木重吉が入院したサナトリウム「南湖院」院長)が昭和十三年に著した『平和主神武天皇(へいわのつかさじんむてんのう)』(国立国会図書館デジタルコレクション)の「附録」に「あめのおほちち」という六連の詩がある。その最後を引用する。

 まごころ(誠意)いのり(祈願) たてまつる
 しんむ(神武)とイエス(医蘇)の いやさか(弥栄)を
 すべて(一切)をとは(永遠)に しろし(統治)めす
 あめ(天)のおほちち(祖) ぬし(主)のかみ(神)

 天盃から忠孝一致、敬神崇祖と辿ってきた目には、さほど驚くこともないだろう。しかし昭和二十一年一月一日、大日本帝国憲法下において天皇人間宣言、二十一年十一月三日日本国憲法公布、翌二十二年五月三日に施行、その新憲法下においても「おほちち」「おほはは」が生きている。

 不可思議のちからとせよ祖母(おほはは)がなんぢのかうべに置きたる 片手      葛原妙子『鷹の井戸』昭和五十二年刊
 祖父(おおちち)に極刑くだりし夜のことも祝われており侍従長の日記
          佐伯裕子『未完の手紙』平成四年刊
 おほちちとおほははの声乗せながらわが汽車走る信達平野
          本田一弘『あらがね』平成三十年刊

 一首目、「おほはは」は尊称だから一人称はおかしい。そこを逆手にとったところが面白いが三句は「魔法もて」にするなどの選択肢もあったろう。二首目、昭和二十三年十一月十二日は祖父の土肥原賢二が処刑された日であり、皇太子の誕生日である。ちなみに起訴の日は昭和天皇の誕生日、東京裁判とは何か、ここは矜持を忘れない「祖父(おおちち)」であったろう。三首目、この歌集には「おほちち」「おほはは」が二十四首に登場する。加えて〈おほきみとして磐梯の統べたまふ甘き山鳥真土をうなふ〉もあって些か理解に苦しむのである。
 最後は、行きがかりもあるので、私の「おおちち」の歌を上げておく。祖父や祖母ではない。題して「孫へ」。

 爺ちゃんは爺ちゃんであってそれ以外の何ぴとでもない、 まして祖父(おおちち)                ?岡生夫

http://www.pat.hi-ho.ne.jp/yoshioka-ikuo/5ku31onshishi-15/index.html

 

軌跡~吉岡生夫短歌論集

 投稿者:吉岡生夫  投稿日:2019年 1月13日(日)17時27分23秒
  「和歌と狂歌の歴史的分裂関係を解消せよ」という天の声に始まる長い旅を終えるにあたって、はっきりと見えてきたことがあった。とりわけ最後の「仮名遣いと五句三十一音詩」を書きながら、気がついたことである。それはなにか―。/私は近代短歌を相対化する試みに賭けてきたのである。/その実相、五句三十一音詩史に日本語史を重ねるという視点に、少しでも関心を持って頂けるならばこれ以上の幸いはない。(「あとがき」より)

  目  次

五句三十一音詩論
  私の五句三十一音詩史
  句またがりの来歴
  字余りからの鳥瞰図~土屋文明『山谷集』~
  文語と口語
  文語体と口語体
  歌の円寂するとき
  短冊短歌と応募原稿

狂歌論
  夫木和歌抄と狂歌
  近代短歌と機知
  狂歌とは何か~上方狂歌を中心として~
  狂歌と歌謡~鯛屋貞柳とその前後の時代~
  近世の狂歌~ターミナルとしての鯛屋貞柳~
  狂歌と歌謡~覚書~

用語論
  用語論~鯛屋貞柳を狂歌師とは言わない~
  用語論~矮小化された近世の狂歌すなわち「上方狂歌」の名称について~
  用語論~文語体短歌から古典語短歌へ、口語短歌から現代語短歌へ~

仮名遣い論
  日本語と五句三十一音詩
  仮名遣いと五句三十一音詩

辞世論
  なつかしさの原郷
  そこはかとなき墓の歌
  辞世の歌
  贈答歌再発見~辞世の場合~
  辞世あれこれ

歌人論
  ダンディスト町野さんの置土産
  前田宏章さんの歌
  高瀬一誌の初期歌篇を読む
  吉井勇紀行
  くずやんの大阪~葛西水湯雄歌集『のらりくらり』評~
  岸上大作~忘れ得ぬ歌人たち・関西編~
  坂野信彦『銀河系』一九八二年
  素志の力~井上美地歌集『空の邃きに』~
  異界の扉~小谷博泰歌集『夢宿』~
  眼ひらけり~小畑庸子歌集『白い炎』~
  永井陽子の一首

あとがき


     販売はアマゾンです


装画に寄せて

  ようやく辿り着いた階段
  この先にあるのは出口のはずだが
  出口とは入口の謂いでもある

  一段、一段
  希望と相半ばする不安
  だが、たとえ開かれるのが
  全く未知の世界であるとしても

  分け入るほかはないだろう
  マイルストーン マイルストーン
  私の足跡が途絶えるまでは

0

http://bb-building.net/tatemono/hyogo/h098.html

 

短歌人兵庫9月歌会の御案内

 投稿者:吉岡生夫  投稿日:2018年 8月30日(木)09時30分51秒
  【9月歌会】
日  時 9月16日(日)13時~17時
場  所 神戸市勤労会館(303会議室)
     神戸市中央区雲井通5丁目1-2
     ℡ 078-232-1881
交  通 市営地下鉄・JR・阪急・阪神・ポートライナー各三宮駅から東へ徒歩10分
会  費 500円
参加方法 自由詠1首、題詠1首、住所、氏名を記入の上、下記にお送りください。
       ※題詠=「菊」、熟語等も可
宛  先 吉岡生夫
     E-mail yoshioka-ikuo@pat.hi-ho.ne.jp
締め切り 9月8日(土)     必着

今後の予定 10月21日(日)神戸市勤労会館(408)
      11月18日(日)神戸市勤労会館(予定)

http://bb-building.net/tatemono/hyogo/h098.html

 

角川全国短歌大賞

 投稿者:吉岡生夫  投稿日:2018年 8月 9日(木)14時24分2秒
  「第10回角川全国短歌大賞」 作品を募集しています!
募集期間:2018年5月25日~9月30日

詳しくは → http://www.tanka57577.net/

題詠の兵庫県選者を吉岡生夫が務めています。

www.pat.hi-ho.ne.jp/yoshioka-ikuo/

 

短歌人兵庫7月歌会の御案内

 投稿者:吉岡生夫  投稿日:2018年 6月28日(木)11時07分3秒
  題詠は「祭」、熟語等も可、例月の通りです。どんな祭りと出会えるのか、あるいは意表をついた作品と出会えるのか、間違いなく歌会の醍醐味の一つにほかありません。新しい仲間の参加を待っています。

日  時 7月15日(日)13時~17時
場  所 神戸市勤労会館(303会議室)
     神戸市中央区雲井通5丁目1-2
     ℡ 078-232-1881
交  通 市営地下鉄・JR・阪急・阪神・ポートライナー各三宮駅から東へ徒歩10分
会  費 500円
参加方法 自由詠1首、題詠1首、住所、氏名を記入の上、下記にお送りください。
       ※題詠=「祭」。
宛  先 吉岡生夫
     E-mail yoshioka-ikuo@pat.hi-ho.ne.jp
締め切り 7月7日(土)     必着

今後の予定 8月は夏季全国集会のためお休みです。
      9月16日(日)神戸市勤労会館

http://bb-building.net/tatemono/hyogo/h098.html

 

短歌人兵庫7月歌会の御案内

 投稿者:吉岡生夫  投稿日:2018年 6月28日(木)10時46分59秒
  題詠は「祭」、熟語等も可、例月の通りです。どんな祭りと出会えるのか、あるいは意表をついた作品と出会えるのか、間違いなく歌会の醍醐味の一つにほかありません。新しい仲間の参加を待っています。

日  時 7月15日(日)13時~17時
場  所 神戸市勤労会館(303会議室)
     神戸市中央区雲井通5丁目1-2
     ℡ 078-232-1881
交  通 市営地下鉄・JR・阪急・阪神・ポートライナー各三宮駅から東へ徒歩10分
会  費 500円
参加方法 自由詠1首、題詠1首、住所、氏名を記入の上、下記にお送りください。
       ※題詠=「祭」。
宛  先 吉岡生夫
     E-mail yoshioka-ikuo@pat.hi-ho.ne.jp
締め切り 7月7日(土)     必着

今後の予定 8月は夏季全国集会のためお休みです。
      9月16日(日)神戸市勤労会館

http://bb-building.net/tatemono/hyogo/h098.html

 

仮名遣いと五句三十一音詩

 投稿者:吉岡生夫  投稿日:2018年 5月25日(金)17時55分20秒
  歴史的仮名遣いから古人を解放せよ! 古人の歌は古人の生きた時代とともにあり、仮名遣いもまたその例外ではないのである。

  目    次

1、仮名遣いとは何か
 1-1、『歴史的仮名遣い―その成立と特徴―』を読む
 1-2、『かなづかい入門―歴史的仮名遣VS現代仮名遣―』を読む
2、歴史的仮名遣いとは何か
 2-1、『日本語の歴史』を読む
 2-2、『話し言葉の日本史』を読む
 2-3、『かなづかい入門 歴史的仮名遣いVS現代仮名遣い』を読む
3、定家仮名遣いとは何か
4、暴走する歴史的仮名遣い
 4-1、山家集(和歌文学大系21)
 4-2、後鳥羽院御集(和歌文学大系24)
 4-3、金槐和歌集(群書類従・第十四輯)
 4-4、兼好法師集(和歌文学大系65)
 4-5、草庵集(和歌文学大系65)
 4-6、慶運集(和歌文学大系65)
 4-7、権大僧都心敬集(和歌文学大系66)
 4-8、後水尾院御集(和歌文学大系68)
 4-9、六帖詠草(和歌文学大系70)
 4-10、『はちすの露』(和歌文学大系74)
 4-11、草径集(和歌文学大系74)
 4-12、志濃夫廼舎歌集(和歌文学大系74)
5、非歴史的仮名遣いの中にこそ時代の真実が宿る
6、現代語短歌と現代仮名遣い~未来への宣言~

http://www.pat.hi-ho.ne.jp/yoshioka-ikuo/5ku31onshishi-14/index.html

 

短歌人兵庫歌会5月の御案内

 投稿者:吉岡生夫  投稿日:2018年 4月30日(月)06時18分14秒
  【5月歌会】
日  時 5月20日(日)13時~17時
場  所 神戸市勤労会館(303会議室)
     神戸市中央区雲井通5丁目1-2
     ℡ 078-232-1881
交  通 市営地下鉄・JR・阪急・阪神・ポートライナー各三宮駅から東へ徒歩10分
会  費 500円
参加方法 自由詠1首、題詠1首、住所、氏名を記入の上、下記にお送りください。
       ※題詠=「緑」、熟語等も可
宛  先 吉岡生夫
     E-mail yoshioka-ikuo@pat.hi-ho.ne.jp
締め切り 5月12日(土)     必着

今後の予定 6月17日(日)神戸市勤労会館
      7月15日(日)神戸市勤労会館

http://bb-building.net/tatemono/hyogo/h098.html

 

イタダキマスゴチソウサマ一九九五年

 投稿者:吉岡生夫  投稿日:2018年 2月15日(木)09時29分56秒
  二十余年の歳月を経て、今開く筐底の歌草、百種。

番外歌集『イタダキマスゴチソウサマ一九九五年』刊行!

http://www.v2-solution.com/booklist/978-4-86476-550-3.html

 

レンタル掲示板
/27